プロペシアって?ジェネリック医薬品って?

プロペシアって、何か知っていますか?

プロペシアとは薄毛治療のための代表的な薬の名前です。

薄毛治療には、育毛剤などを想像する人もいるかもしれませんが、内服するタイプの薬もあります。

それがプロペシアなのです。

プロペシアは、育毛剤と合わせて使うとかなり有効的であると言われています。

日本では「プロペシア錠0.2mg」と「プロペシア錠1.0mg」というものがあります。

プロペシアという薬は、医療機関でもらうことのできる薬です。

ところが、どこの病院であっても健康保険が適用されません。

処方される薬だけではなく、診察代についても健康保険が効かないのです。

つまり、薄毛の治療をするとなると、かなり高額な医療費を負担しなくてはならなくなります。

しかも薄毛治療というのは、短期間で効果のでるものではありません。

、何ヶ月もしくは一年以上かかる事も多く、医療費の負担はかなり大きくなります。

そこで、プロペシアのジェネリック薬が患者の味方となります。

ジェネリック医薬品というのは何をいうのでしょうか?

通常、薬というのはどの様にして、患者に使用される様になるのでしょうか?

まず、製薬会社で研究や臨床試験を重ねて、効果の有無、副作用の有無などを何年もの歳月をかけて誕生するものです。

新薬が登場した時にはその薬は先発医薬品と呼ばれ、開発した製薬会社が独占的に製造販売することになりま。

それらの研究などにかかる費用は莫大なことから、価格も高めの設定になります。

しかし、新薬の特許期間が満了したのちには、同じ有効成分で同じ作用のある薬を他社にて製造が可能になります。

開発費などが不要なことから価格は安価に抑えることができ、そしてその薬をジェネリック医薬品といいます。